最近のトラックバック

山歩き・山登り Feed

2012年11月30日 (金)

驚きの百里ヶ岳

11月28日、小浜市と滋賀県高島市の境にある、標高931,3mの百里ヶ岳に登りました。朝、6時10分出発、敦賀で高速を下り、国道27号線を、小浜に向かい遠敷川を渡り、左に曲がります。途中、五色椿と、紅葉が有名な萬徳寺に寄りました。

002bb


上根来の部落を過ぎ、林道も狭くなりカーブも多く、さらに登っていくとなんと雪が積もっています。スノータイヤは付け替えているとのことで、登山口の標識を見過ごさないように注意して、さらに登っていくと大きなカーブが折れ曲がっているところに、標識が立っていました。少し上の3台ほど止められそうな所に車を止めて、今年初めての雪山登山です。9時50分出発

030bb

小さなお堂がある所で小休憩して、10時30分発

035bb

10時45分、頂上かと思いきや、標識は、左の方角に、山を下ります。
尾根道を、アップ、ダウンを繰り返し、ロープの張ってある急登を登りきると、やっと頂上に着きました。

036bb

042bb046bb

11時40分着、一等三角点のある頂上からは、白山や敦賀半島と日本海が眺められました。

寒いので、パンを食べ、コーヒーを飲んで、12時元来た道を下山した。

47bb

途中琵琶湖も見えました。

052bb

12時50分、休憩、ブナや雑木に囲まれて、登った山が振り返えると見えました。

雪は20センチほどで、歩きやすかった。

1時30分、車の所に到着054s


そこで、お昼ご飯を食べ、帰路は、滋賀県側の朽木小入谷へ下りました。

峠を越え滋賀県に入ったところにも、登山口の標識が立っていました。(そこからだと、2時間で登り降りできそうです。)    家着、6時40分  テラ









2012年11月23日 (金)

鶏足寺、紅葉散策

11月21日 滋賀県の鶏足寺、金剛輪寺に出かけました。

sun朝7時に rvcar 出発して、木之本ICを8時下り,古橋に8時20分に着きました。

駐車場から遊歩道を20分ほど歩いて、鶏足寺に着きました。もみじが鮮やかに色ずいて maple とてもきれいです。happy01 参道が落ちた紅葉葉で真っ赤になるともっといいそうです。

Keisokuzi_025bb

お昼を食べてから、湖東三山まん中のお寺、天台宗、金剛輪寺へ行きました。

黒門から受付で参拝料500円払い、もみじの参道を登って行きました。

回遊式庭園は、桃山、江戸初期、中期の三庭からなり、国の名勝にも指定されております。参道の横には、千体地蔵尊が並んでおり、風車が供えられています。

二天門には大きな草鞋が下げられています。境内の紅葉は「血染めの紅葉」と言われ、有名です。sun青空の下 奥琵琶湖の秋を満喫した1日でした。テラ full 


2012年10月 6日 (土)

草紅葉の弥陀ヶ原

full10月3日、立山の弥陀ヶ原から天狗平を歩きました。

広島からの修学旅行生でにぎやかな立山駅を、8時10分発ケーブルカーに乗り、8時35分発高原バスに乗り継ぎ、弥陀ヶ原で下車。

9時30分、弥陀ヶ原ホテルの横から後ろの弥陀ヶ原へ出ると、木道が草紅葉の中へ伸びています。




030bb

091bb


木のベンチで休憩した後は、沢に下り、谷川を渡ると急登で獅子岩が頭上にそびえています。

クサリ場を15分ほどで登りきると、又、紅葉の天狗岳と素晴らしい景色が広がっていました。
066bb

084bb_3 草紅葉の中にに点在する池塘(餓鬼の田んぼ)


067bb



090bb  紅葉のチングルマ


078bb
 黒豆の木 

088bb_7

緩やかな登りを1時間ほど登ったところで、昼食にしました。

そこから1時間ほど歩いて天狗平に着き、2時45分のバスに乗り室堂に行きました

山の上の鮮やかな紅葉を楽しみ、4時のバスで山を下りました。

今年初めての美しい紅葉を満喫しました。 

097bb


094bb


083bb_2




2012年9月28日 (金)

三床山(279,8m)を歩く

9月25日(水) 稲刈りもアキサカリを刈り終わりsun 久しぶりに山に行きました。

鯖江市の県道104号線を西の方へ、car日野川を渡って真っ直ぐ走ると、正面に見えてくるのが三床山です。突き当りの和田町の公民館の前に車を止めさせてもらった。

sun10時10分発、右に少し行くと、左の山側の方に分かれる道があり、そこを入る。

登山口はそこから100m程いくと、左手に標識があります。

008bb


民家の横の道に入り、20m程行って左に曲がり林の中に入ると、イノシシ除けの柵があり、sweat01扉を開けて進むとさらに電気柵もありました。急斜面を20分程登ると尾根に出る。樹に覆われ、枯れ葉の積もった歩きやすい山道を、小さなアップダウンを繰り返して登っていくと、〈頂上まで100m〉の標識の所で少し休憩。cafe

穏やかな尾根道を登っていくと190mのピークに着き、少し下り目の前の急登を登ると山頂です。happy01展望台からは、日野山、冠、荒島、白山等々素晴らしい眺めです。riceball

030bb


041bb


011bb


014bb013bb

046bb

花はあまり咲いていなかったけど、キノコはたくさん出ていました。

027bb_2赤いのや

コケシみたい

 042bb_3


015bb_4


025bb


021bb_2


下りは石生谷コースを下りました。途中から林道になったので登りより時間がかかりました。

ため池が見えてくると又、電気柵をまたぎ、柵の扉から出て、石生谷集落の中を歩き車の所へ帰りました。 happy01full

2012年7月 5日 (木)

中宮山 (1339,5m)

7月3日夜,明日は晴れるので、山へ行こうと電話 telephoneがあった。

sunいつもの7名であくる朝6時 rvcar出発、白山中宮温泉スキー場の横から林道を登っていくと、どうやら登山口を見過ごしたようで、林道は、下りになり、工事中になったので引き返し、すぐに登山口(950m位)に着きました。happy01

中宮山トレッキングコースの立札が立っていました。eye

041b

歩き始めたのは8時50分、歩きやすいブナ林の中をアップダウンが幾つかあって1時間ほどで、白山の見えるところに着き休憩。cafe

036b


030b


そこを過ぎてしばらく行った辺りから急登になった、山葡萄がたくさん茂っていました。

007b

すぐにだらだらと緩い登りになり1時間ほどで、やどみ尾展望台に着く、そこはあまり好展望とは言い難い。

そこから30分ほどで11時20分、頂上に到着。

024b

上は暑いので、少し下りた林の中で beerビールで乾杯をして昼食にしました。happy01

男の人が1人登ってきました。今日はこの人だけでした。

sun白山もきれいに見えました。

032b


030b_2


1時30分下り始め、戻りは展望の良かったところで、一回休憩をして3時40分登山口到着

中宮温泉センター(370円)で spaお湯に入り帰路に着きました。fullhappy01テラ

2012年4月21日 (土)

吉野のさくら

遅れていた桜の便りに、今年は吉野山へ花見に行きました。

4月18日は、朝3時40分出発で、7時30分に着きました。上千本まで車で上がり、周回道路をゆっくりと桜を眺めながら、中千本まで下ります。

桜の中の金峯山寺蔵王堂

005ss 013s

そして、9時過ぎに如意輪寺の駐車場

車を止めて、吉野山を見て歩きました。

027s

063s

077s 082s

寺を散策しながら桜を眺め、谷を下りて、中千本まで上がり、店が並んだ賑やかな通りを抜け蔵王堂に1時間ほどで着きました。

吉水神社もお参りして、中千本バス駐車場から、バスで如意輪寺の駐車場へ帰りました。12時を過ぎたころで、帰路につきました。

満開の千本サクラと、気持ちのいい天気に恵まれた山歩きでした。

2012年4月 3日 (火)

文殊山

happy014月2日 (月曜日)sun好天に恵まれて、久しぶりに文殊山にでかけました。

四方谷コースを登りました。急な登り道を30分ほど上がると、橋立コースと合流する尾根道に着きます。cafe そこから15分ほどで、camera 目的のヒロハノアマナが咲いている所に着きました。

015b 054b

樹の間から大文殊を眺め、今年初めて happy01の 花を見てから引き返しました。

カタクリの花も咲き始めていました。

029b 033b

049b 032b

エンレイソウも咲き始めていますhappy01

028b

            019 064b

       オウレン、ショウジョウバカマの花も見ることができました。 happy01

下りは滑りやすいので  sweat01 気を付けておりました。

1週間後はカタクリの満開を期待して又登りたいと思いました。

注意!登山口の駐車場と思っていたら私有地との事、一言お断りして止めてください。

(知らなかったわ~)テラ

2012年2月25日 (土)

龍神山

 sun今年一番の山登りは龍年ということで、武生の龍神山へ行きました。

2月22日の朝10時出発で car 、池ノ上町の森林スポーツ公園の登山口から、11時30分ごろ登り始めました。

009b

011b

雪道をかんじきをはいて登るので、398.5㎞の龍神山に12時40分着

頂上の少し手前の、 sun見晴らしのいい所で お昼riceball にしました。

目の前に日野山が遠くには白山が眺められます。sun 

016b 

 018b 

  14時登った方とは反対の方に下りました。雪の上を少し寄り道し、16時40分車に到着

 湯良里は休みだったので、、、、、、残念 テラ wobbly

2012年2月18日 (土)

雪上の林道歩き

2月16日、今日は天気が良いので山へ行くことにした。

時間の制約もあり、近場で行ってない雪山の一乗山・白椿山にしょうと思った。

メールの添付(一乗屏風連山)地図を2/5万の地図(国土院)に写し出かける。美山地区の蔵作に向かい集落の奥に駐車する。

直ぐに林道をワカンを付け進み、川沿い杉林の中を過ぎ、突き当たりの堰堤を左折し少しずつ登って行く。しかし、2番目の堰堤を左折すると道は閉ざされた。仕方なく斜面を登る。暫くして振り返ると、歩いて来た林道の上に道が見える。

斜面を下り、引返し見えた新たな林道に入る。

今度は集落からの谷を挟んで伸びている、尾根を正面に見渡す広い場所に着く。ここで林道は分かれていて、上のスイッチバックの道を選んで行く。また、先と同じ道は閉ざされ分岐の広場に戻り、時間的にここで昼食をする。

下山の時間を考え、行けるとこまで林道を詰める。谷も広がりこの上が尾根と感じる所で下山する。登りでは気付かなかった白山・奥越の山々を見ながら快調に下る。1時間半で蔵作の集落の駐車場に着き帰路の途へ。晴れて気持ちの良い山歩きを感じた一日であった。「行程タイム」自宅(8:23)~蔵作(8:57)~昼食(12:00)~P400m付近(13:00)~蔵作(14:30)

                                                 yoshi

2012年1月11日 (水)

二子山-2

小生の勝手な解釈(ひとり言) 二子山の由来 二つの峰からなる山?