山歩き・山登り Feed

2012年2月25日 (土)

龍神山

 sun今年一番の山登りは龍年ということで、武生の龍神山へ行きました。

2月22日の朝10時出発で car 、池ノ上町の森林スポーツ公園の登山口から、11時30分ごろ登り始めました。

009b

011b

雪道をかんじきをはいて登るので、398.5㎞の龍神山に12時40分着

頂上の少し手前の、 sun見晴らしのいい所で お昼riceball にしました。

目の前に日野山が遠くには白山が眺められます。sun 

016b 

 018b 

  14時登った方とは反対の方に下りました。雪の上を少し寄り道し、16時40分車に到着

 湯良里は休みだったので、、、、、、残念 テラ wobbly

2012年2月18日 (土)

雪上の林道歩き

2月16日、今日は天気が良いので山へ行くことにした。

時間の制約もあり、近場で行ってない雪山の一乗山・白椿山にしょうと思った。

メールの添付(一乗屏風連山)地図を2/5万の地図(国土院)に写し出かける。美山地区の蔵作に向かい集落の奥に駐車する。

直ぐに林道をワカンを付け進み、川沿い杉林の中を過ぎ、突き当たりの堰堤を左折し少しずつ登って行く。しかし、2番目の堰堤を左折すると道は閉ざされた。仕方なく斜面を登る。暫くして振り返ると、歩いて来た林道の上に道が見える。

斜面を下り、引返し見えた新たな林道に入る。

今度は集落からの谷を挟んで伸びている、尾根を正面に見渡す広い場所に着く。ここで林道は分かれていて、上のスイッチバックの道を選んで行く。また、先と同じ道は閉ざされ分岐の広場に戻り、時間的にここで昼食をする。

下山の時間を考え、行けるとこまで林道を詰める。谷も広がりこの上が尾根と感じる所で下山する。登りでは気付かなかった白山・奥越の山々を見ながら快調に下る。1時間半で蔵作の集落の駐車場に着き帰路の途へ。晴れて気持ちの良い山歩きを感じた一日であった。「行程タイム」自宅(8:23)~蔵作(8:57)~昼食(12:00)~P400m付近(13:00)~蔵作(14:30)

                                                 yoshi

2012年1月11日 (水)

二子山-2

小生の勝手な解釈(ひとり言) 二子山の由来 二つの峰からなる山?

2012年1月10日 (火)

二子山

ヤーイノヤイ さまからいただきました参考書で流れないsad

二子山 全景 です。 複数枚の送信方 明日の授業で教えて下さい。 UYより

再度挑戦!

201110201_2 大相撲初場所が始まりました。 

福井市に 二子山 と、いう名の 山がありますが、ご存知ですか?

2012年1月 4日 (水)

1000回登山・今日の文殊山登山で思う

今日1月3日11時ごろから文殊山に登る。途中うさんやTBさんに出会う。思えば久方ぶり、12月13日以来風邪をひき今日まで登っていないのだ。とっても疲れながらも1時間10分ほど懸け山頂へ。暫らく会っていなかった住職とひさしぶりの会話、新年の挨拶を交わした後、龍の置物をいただき、そっと振ってみると「カラカラ」とこころよい鈴の音ならぬ、陶磁器の音がする。私にとってたいした頂物だ、帰りの足は軽くなる。展望台の近くで1000回登山記念のTさんに出会う。お互い11日のパソコンクラブの定例会での再会を約束して、下山へと足を早める。思えば私も今日で足かけ4年文殊山は251回、Tさんにはまだまだ及ばないけれど、私なりに満足感をもっている。私も次の辰年、84歳までに健康であれば1000回登山達成を目標としたい。  はなはな

2011年12月27日 (火)

トレース 第2弾(練習)

scissors 写真添付 camera

トレース

12月26日午前中 二上P発 七曲り分岐 楞厳寺よりトレースなし 小文殊ー大文殊頂上一人で独占ー これより奥ノ院 まで 積雪30㌢ 単独行 北西からの風雪強し。 UY

練習-2

文殊山千回回峰 乾杯 u.y wine

2011年11月24日 (木)

一乗谷屏風連山

11月22日(火曜日)は六条PC  クラブに出かけると、昨日の天気予報では雨とのことで中止にした山登りに、晴れている sun ので出かけよう!ということになり、出席者だけで、三万谷登山口に11時集合して、秋mapleの課外学習mapleとなりました。

白椿山は、家の前から眺めてはいつかは登りたいと思っていたところ、

この秋に登山道が整備されたのでクラブでも登ることになりました。

田尻町から林道に入り三万谷登山口に着くと、皆さん待っていました。そこは車が8台ほど止められ、ベンチもある japanesetea 休憩所でした。

舗装された林道をrvcar車でさらにあがっていき、一乗山登山口に着きました。

そこから15分程歩くと、一乗山( 740,9 m )に着きます。maple頂上は看板があるだけで展望もないので、記念撮影をしてすぐ下りました

001b 002bk

004b 009b

010b 先日降った雪が少し残っていました。

車を止めた横につるりんどうの赤い実が群生していました。

018b

次に、白椿山登山口に rvcar 移動してお昼 riceballriceballnoodle を食べてから、登り始めました。こちらも15分ほどで、頂上に着きます。

024b 036b

 

035b

白椿山(720m)も展望がきかないので、camera 記念撮影して、ナメコを探しながら下りました。とったナメコはおろし和えにしたり、みそ汁 にして頂きました。happy01

030b 031b

 

032b 040ss

今日は、車での移動が多かったけれど、1日かけてゆっくりと歩くのもいいと思います。